2017年5月18日木曜日

ガーナから

ガーナ大学に在籍しながら、アシャンティの看板絵師に弟子入りして長期フィールドワークをつづけている
森昭子(もり・しょうこ)さんから、こんなにチャーミングな写真を添えた近況報告のお便りをいただきました。

「息子が体調崩したりPCぶっ壊れたりいろいろありましたが元気にやっております。オールマイティのところで三ヶ月間弟子になりました。写真は最後の作品です」

息子さんのあらたくん、こんなに大きくなったんですね。本人にまっすぐ見つめられてるような、いのちの躍動がそのまま息づいている一品。師匠のお名前、絵師だけでなく教育者としても伊達じゃなかったね。市場によく置いてあるようなベンチが写っているのも、アトリエと木の匂いがここまでしてきそうです。

濃密な時の流れをそのまま注ぎこんだような
骨太のモノグラフをぜひ完成させてください。

森さんに最初にお会いしたのは、AA研最後の一年で開講した大学院の演習授業でしたね。あのときいっしょに勉強した高橋さん、立林さんの活躍も、陰ながらお祈りしています。

2017年5月8日月曜日

Amaryllis, ses pétales en lueur


蝶の影さしたのち

2017年5月5日金曜日

2017年5月4日木曜日

蝶の影さす




今年もけなげに冬越えをしてくれた
ガジュマル(上:もう20年ちかく同居)と、
バオバブ(中右:ダカール産)の枝払いを。

バオバブの枝の生命力については、
セネガルで存分に目のあたりにしていたから
伐った枝(中左)を試しに水に差しておいたら、
芽が出る…ね…。

アマリリスにも、夢みるような蕾が(下左)。

年度末のホムパで、
ゼミ生の「オケちゃん」が転倒してダメージを
喰らわせたクワズイモの赤子(下右)も、
無事、一命をとりとめた。


一日物云はず蝶の影さす