2019年2月14日木曜日

『ホベルト・ブーレ・マルクスとの対話』

ラテンアメリカ各地をフィールドとしてこられた文化人類学者の荒井芳廣先生が、ブラジルの造景作家ブーレ・マルクスの作品世界に関する重要な訳書を刊行されました。

ジャック・レナール 監修
荒井芳廣 訳
 『ホベルト・ブーレ・マルクスの庭にて』 春秋社、
                    2018年12月31日発行。

「造園・造景芸術の巨匠ブーレ・マルクス(1909-1994)の思想と偉業をめぐる、論考とインタヴューの集成」
                          (本書 帯より)

「[…]ブーレ・マルクスが作業場の準備にかける入念さが、いかなるものであっても、彼は必ずしも予めしっかりと決めたプランを先行させない。それを少しずつ抑制することにより、その場所に自ずと現れるように、生きている自然の植物群に直接に身を浸すのである[…]」
                (ジャック・レナール、本書所収)

「ブーレ・マルクスの創造体験のなかのラテンアメリカの自然の再現という側面が映し出されているのは、1930年代のブラジル北東部レシーフェでの[…]設計である。設計にあたってリオ・デ・ジャネイロ生まれの彼が発想のもととしたのは、植物学ではなく、この地域で頻発し歴史的伝統となっている千年王国的宗教運動、その最大のものである「カヌードスの乱」を題材としたエウクリデス・ダ・クーニャの『奥地』であった。それはクーニャの小説の舞台となった『奥地』の風景を形づくっている植物群を再現していた」  (本書「訳者解説」より)

荒井先生、端正な訳業の贈り物、ありがとうございました。

2019年1月26日土曜日

卒論発表会2018

真島ゼミ4年生による「卒論発表会2018」を、昨日開催しました。

今年度の卒業論文は、下記11篇となりました
(執筆者名略、順不同)。

卒業への大きな関門を苦労のすえに突破したみなさん、
ほんとうにおめでとうございます。

「中国におけるインターネット金融の発達とその影響
             -中小企業の資金調達問題との関連で」

「タイにおける非熟練外国人労働者の子供に対する教育支援に関する考察        -各教育機関の取り組みに注目して」

「観光地バリの「正しい」神秘性
                   -ツーリズムによる破壊と創造」

「マグダレン洗濯所試論」

「イタリア中小企業論再考」

「インドネシア国軍のレフォルマシ再考
                  -アチェ紛争を事例に」

「チェルノブイリ法から学ぶ
                -ザクルィチに抗うために」

「1955年から1985年の甲府都市圏における
             近接性推移と農業の構造変化」

「 「あのひとが食べるところを見たい!」
    -韓国のモクバンにみる現代食文化の変容」

「イタリア・五つ星運動は「ポピュリズム政党」なのか
    -2009年から2018年総選挙までの政治動向をふまえて」

「南アフリカ共和国のLGBTQを取り巻く状況について
     -1980年代以降の同性愛者権利運動の歩みを通して」


2019年1月23日水曜日

ゼミ論発表会2018

昨日1月22日、真島ゼミの「ゼミ論発表会2018」を開催しました。

ゼミ3年生による努力の結晶は、今年度、以下の9編となりました
(執筆者名略、順不同)。

「戦後経済成長期における
            玉野井芳郎の地域と経済を巡る論の省察」

「ボリビアにおける児童労働年齢引き下げのもつ社会的効果」

「「カルムイク人」の民族定義に関する考察
                    -言語使用状況を手がかりに」

「 「教育勅語」の成立過程-明治初期の国体論を中心に」

「モロッコにおける教育言語としてのフランス語
     -ムハンマド六世とベルモクタールの教育政策を中心に」

「スーフィズムは復興したのか
-ウズベキスタンにおけるズィクルの実践状況から」

「初等教育制度導入による子どもの牧畜生業参加の変容     -ケニア・マサイの事例から」

「イギリスにおけるWorking classの社会的立場          -1970年からの20年間を通して」

「ワイタンギ条約を背景とした
               マオリの土地抗争序説」

2019年1月20日日曜日

社会思想史事典


今月末に、丸善出版から 『社会思想史事典』が刊行されます。

社会思想史学会 編  『社会思想史事典』丸善出版、
                          2019年1月31日発行。

 この事典では、「人類学の思想」という項目の執筆を担当しました。

2019年1月10日木曜日

プライス・オブ・フリー上映会終了


有志学生の方々の大きなパワーに導かれて、TUFSCinema
『プライス・オブ・フリー』上映会を
無事終了しました。

年末年始があいだに入って
広報期間がたいへん短かったにもかかわらず、
当日は200人を超すご来場をいただきました。

報告記事については
コチラをご覧ください

2019年1月4日金曜日

謹賀新年 2019

phacochères à Tambacounda, Sénégal      @ I. Majima


明けましておめでとうございます。

みなさまにとって
今年がとても穏やかな一年と
なりますように。

2018年12月23日日曜日

TUFS Cinema プライス・オブ・フリー

アフリカ映画特集第4弾につづけて、年明け早々にTUFSCinemaのさらなる上映会を企画しました。

TUFSCinema
『プライス・オブ・フリー』

日時:
2019年1月8日(火)
 18:30上映 (18:00開場)

場所:
東京外国語大学
アゴラ・グローバル
プロメテウス・ホール

上映作品:
プライス・オブ・フリー
(2018年、アメリカ、1h32m)

上映後のフリートーク
萬宮健策(本学教員)×
小田マサノリ(現代美術家、本学非常勤講師)×
真島一郎(本学教員)

入場無料
申込不要(先着501名)

主催: 東京外国語大学
協力: FINDAS(東京外国語大学拠点南アジア研究センター)
特定非営利法人ACE
                                                     東京外国語大学学生有志
                                                    上智大学学生有志
詳しくは、https://tufscinema.jp/190108-2/
  
「児童労働がなくならないのは、貧困が理由ではない。
 政治的意志が足りないから、児童労働がなくならないんだ」